テレビ 壁掛け ポール

テレビを設置するときに困るのが、設置する場所がないときです。普通は、テレビ台にテレビを置くことが多いですが、テレビ台自体が場所を必要とするので、どうしても置くスペースがないという時があります。そんな時は、テレビを壁掛けにすることを推奨します。テレビを壁掛け仕上げるメリットは、スペースを確保できるというところです。通常はどこかに置くテレビも、壁に掛ければ場所を必要とせずそのスペースを有効に活用できます。テレビを壁掛けするには設置工事が必要です。また、工事ができない時でも、突っ張りポールやスタンドなどでテレビを壁掛け風や、天吊り風にオシャレに設置することもできておすすめです。さらに、賃貸などで自室の壁に穴を開けられない場合や後から部屋のレイアウトを変えたいという時もポールを使ってテレビを掛けるとすっきりして素敵です。

ポールを使ってテレビを壁掛けにするとオシャレで素敵です

最近、賃貸住宅に住んでいたりして、大切な家にキズを付けるのが嫌という理由から液晶テレビの壁掛けを行いたいけどどうやったらいいか分からないという人が大勢います。そんな日本の住宅の事情に合わせたポールを使ったテレビの壁掛けが話題になっています。また、つっぱりポールを使ってテレビの壁掛け用のボードを付けることで、テレビを壁掛けにするための専用の壁を作ることが出来ます。そして、ポールを使って穴を開ける壁さえ作ってしまえば、あとは壁掛け金具を使ってテレビを取り付けるだけです。この時に取り付けるテレビのサイズは37インチから46インチぐらいがぴったりです。さらに、ポールを増やすことで、テレビ周りだけではなく棚やハンガー、マガジンラック等の壁面への収納も増やす事ができておすすめです。

テレビを壁掛けにしたいときのおすすめのポールを紹介します

窓が大きいなどの理由でテレビの壁面収納用の壁がない時やGL工法や土壁、または砂壁などで下地の補強が困難な時、そして壁の補強をせずにテレビを壁掛けしたい時、さらに部屋の隅でない場所に付けたいという時には、突っ張り棒のようなポールで壁掛け風にしたり天吊り風にすることをおすすめします。テレビのネジ穴のサイズが200ミリメートルかける200ミリメートル以下ならエアーポールをポール1本タイプで付けることが出来ます。さらに、テレビの重量が10キログラム以下ならば、アーム式の金具も取り付けることができるのでテレビの角度を調節することができます。ネジ穴が広いタイプのものはポール2本のタイプで取り付けを行います。1本用も2本用どちらも棚板を付けてオシャレに使うことが出来ます。