テレビ 壁掛け ポール

テレビは今、薄型になって軽くもなっています。昔は白黒だった画像も、今はフルカラーになり、画質も各段に向上しています。美しい映像はメーカーがこぞって競争する程、消費者にとって魅力的なものになっています。そして画面も大型になってきていて、映画も大迫力で観る事が可能になってきました。そんな中で、テレビは置くタイプから壁掛けタイプまで設置方法にも変化が起きています。従来の置き型ですと、どうしてもテレビ台が必要になります。その為、部屋が狭く見えてしまったり、少し邪魔になってしまったり、不便な点ももちろんあります。その点、壁掛けタイプですとテレビ台が必要無くなる為、部屋も広く見えますしスタイリッシュです。すっきりとシンプルに見せる事ができる為、非常に人気が高くなっています。壁掛けの方法も、壁に穴をあける方法から、ポールを使う方法もあります。

壁掛けテレビにする事のメリットについて

テレビを壁掛けにするメリットについて見ていきましょう。まずは耐震です。置くタイプですと、どうしても地震で倒れてしまいます。対策をしていたとしても、倒れやすいものではあります。その点壁に固定するタイプですと、壁が壊れない限り落ちて来ないという安心感があります。そして省スペースである事も利点です。テレビが薄くなっていても、置き型ですとどうしてもスペースをとってしまいます。そして、壁掛けにする事で見る位置からテレビまでの距離が伸びます。高さも好きな位置にできますね。もちろん、おしゃれなのは言うまでもありませんね。意外と見落としがちなのは、子供やペットです。置くタイプですとどうしても手の触れる位置になる為、倒したり汚したり壊したりという危険性がたかまります。後述しますが、設置方法も壁に直接つける方法やポールを利用する方法が選べます。

壁掛けテレビの設置方法について

壁掛けのテレビにしたいけど、賃貸だから壁に穴を開けられない場合もありますね。持ち家でも、テレビの位置を自由に変える事ができなくなる為、壁掛けテレビにする事を断念した人も要る筈です。そう、壁掛けテレビにするデメリットは、ここにあります。壁に金具を取り付ける方法ですと、あとからテレビの位置を変える事が困難になってしまいます。部屋の模様替えができなくなるという事ですね。テレビはもうこの位置にしか置かないと決めているのであれば問題ありませんが、少し移動したい場合はむずかしくなります。その為、ポールを使った設置方法が注目を集めています。壁に穴を開けないので賃貸でも使えます。そして、天井と床で突っ張る方式なので、いつでも位置を変える事が可能なのです。もちろん見た目は少し劣ってしまうかもしれませんが、ポールの種類もさまざまありますので、デザイン性の高い物を選べばそこまで悪目立ちしません。